1:
https://natalie.mu/comic/news/356908
2019年12月2日 15:15

村上謙三久による書籍「声優ラジオ“愛”史 声優とラジオの50年」が、明日12月3日に発売される。

本書はムック「声優ラジオの時間」などの編集長を務める村上が、アニメ声優がパーソナリティを務めるラジオ番組、
通称“アニラジ”について掘り下げる1冊。
さまざまな関係者の証言を通じて、ラジオというメディアと声優の関係性について考察している。

証言者の1人として、声優の日高のり子が登場。
アシスタントとして関わった「笑福亭鶴光のオールナイトニッポン」や、1991年から続く長寿番組
「ノン子とのび太のアニメスクランブル」などを通し、自身がラジオパーソナリティという経験から得たもの、
「アニメスクランブル」がほかの声優やアニラジに与えた影響などについて語っている。

そのほか「アニメスクランブル」と並ぶアニメ関連の長寿番組である「青春ラジメニア」のパーソナリティである
フリーアナウンサー・岩崎和夫、日本で初めてタイトルに「アニメ」と冠したラジオ番組と言われる「アニメトピア」を
企画した片岡義朗、数々のアニラジのディレクターだけでなく、パーソナリティとしての顔も持つおたっきぃ佐々木らも証言。
さらにアニラジ専門誌・アニラジグランプリ(主婦の友社)の編集長だった永井和幸、ADやナレーターを経てラジオ業界入りし、
現在もアニメ関連のラジオパーソナリティや司会業など多くの顔を持つ鷲崎健、インターネットラジオステーション・音泉を運営する
タブリエ・コミュニケーションズの松永芳幸代表取締役社長と小原康貴プロデューサー、ラジオ大阪のアニメ・ゲーム番組を扱う
「1314 V-Station」の中心スタッフだった兼田健一郎といった幅広い顔ぶれが、それぞれの観点からアニラジについて語っている。

no title

no title

画像

2:
まさかの2GET?

3:
声優のラジオ面白いからCM抜いて電子化してCDにでも焼いて売ればいいのになぁ
と思う地方民であった

>>3
それな

>>3
わりとある

4:
今更CDですか

>>4
製造原価安く済むし車で聴けるだろ
いまどきのラジオなんかカスラックへの使用料惜しさにケツなで流さないしCM多すぎだからな

5:
自身をアーティストと称してる声優番組のCMに出る
自身のCD・ライブDVDのウザさは異常

>>5
スポンサーがレコードメーカーなら仕方ない

6:
声優ラジオってなんでいっつも同じやつのメールしか読まねぇの?

7:

>>7
誰?

>>16
元セクシー女優

8:
声優ラジオ番組っていつ頃からあるんだろう、、、
アニメトピアが最古かな?

9:
ちょうど伊福部のラジオにこの本の作者が来てたな

11:
日高のり子のラジオといえば、はいぱぁナイト金曜日だろうがよ

>>11
庵野秀明がゲストで来たりしてたっけ
火曜日パーソナリティーの杉原哲のバンドてつ100%のキーボード担当が菅野よう子だと後で知って驚いたなあ

>>11
この本でも林原めぐみや山寺宏一の源流として取り上げられてるな

12:
日?高のり子のラジオといえば、サタデーときめきステーションだろうがよ

14:
RCカーグランプリ

15:
昔は雑音と戦いながら受信していたが、ラジコプレミアムで便利になったな

18:
ミンキーヤスを忘れないで

>>18
1に名前出てるやん

>>38
一瞬考えてしまったが、ヤッさんの本名って岩崎和夫だったな。

19:
アニメのラジオ番組って独特の雰囲気があるよな

20:
フリートークスタジオに言及はないだろうな

21:
今はふつおたでさえも声優の宣伝になる内容じゃないとほぼ採用されない
新曲が~
ライブが~
衣装が可愛かったです~
昔の声優ラジオはファン以外でもアニヲタなら聴ける番組多かったが今はそいつのファンしか聴けない

22:
声優ラジオ番組の最大の功労者は
おたっきぃ佐々木だな。

>>22
コイツのせいで文化放送が酷いことに(ほめてます)

25:
銀吠えが至高

>>25
八段と西岡徳馬が出てるCDホント謎

28:
最近だと女子無駄のラジオが良かった。
無理に若手で固めないほうが面白い

>>28
地上波でラジオ持ってる声優も中堅ベテランが多いしな

30:
ラジオ大阪、雑音との闘いだったな ニッポン放送系列もローカル局だと放送しないし

32:
花澤香菜と本渡楓のラジオ対談が聞きたい

34:
今くりの話題も載ってるなら買う

35:
麻上洋子と吉田理保子

36:
わんばんこ
乳頭の色は?

声優バラドルヌードル
アイドル再生やな

37:
芸人並みのトークってヲタだけが褒めてる文化