1:
2019年07月10日 18:30配信

「コミックNewtype」で連載中のビーノさんによる漫画「女子高生の無駄づかい」。そのTVアニメが、7月5日からいよいよ放送スタートしました!

TVアニメ放送を記念して、特別インタビュー連載もスタート。第1回目は、田中 望(通称:バカ)を演じる声優の赤﨑千夏さんへのインタビューをお届けします。



田中 望(通称:バカ)を演じる赤﨑千夏さん
https://webnewtype.com/rsz/S1/196824/1185965.jpg
(C) ビーノ/KADOKAWA/女子高生の無駄づかい製作委員会


WEBコミック誌「コミックNewtype」で大人気連載中の学園ガールズコメディ「女子高生の無駄づかい」が、いよいよアニメの世界でもセンセーションを巻き起こす!

個性的な登場人物たちの中でもとりわけ異彩を放つのが、本作の主人公ともいえる“バカ”こと、田中望。その“バカ”を演じる赤﨑千夏さんに、破天荒な作品とキャラクターの魅力をたっぷり語っていただきました。



赤﨑千夏さんが演じる、“バカ”こと田中 望。あだ名の通り、底なしのバカで、本能の赴くままに行動することが多い
https://webnewtype.com/rsz/S1/196824/1185901.jpg/w355/
(C) ビーノ/KADOKAWA/女子高生の無駄づかい製作委員会




田中はバカだけど、魅力的な部分もいっぱい!

――“バカ”という、あだ名も性格も強烈な田中望と出会って、第一印象はいかがでしたか?

赤﨑 第一印象はとにかくバカだなと(笑)。いわゆる“かわいいバカ”とかではなくほんとにバカで、衛生的に問題ありそうな部分まであったりするんですけど(笑)、そういうのを全部ひっくるめて面白い子です。

それにただバカなだけじゃなくて、意外と普通の感覚も持ってまして、例えば担任の先生であるワセダの女子大生好きトークに対して「それはないわ」と引いたり、たまにツッコミ役に回ったりもするので、全然理解できない子というわけでもないんですよね。


https://webnewtype.com/rsz/S1/196824/1185904.jpg
“ワセダ”こと佐渡正敬(CV:興津和幸)。バカたちの担任で、自ら女子大生派を名乗るほどの女子大生好き
(C) ビーノ/KADOKAWA/女子高生の無駄づかい製作委員会


あらゆる人に対してフレンドリーに分け隔てなく接することができる点は、むしろ尊敬できます。

――テンションの上下が激しく、演じるのは難しい役だったのでは?

赤﨑 この作品は会話のテンポが速くて、その勢いに乗るまでに助走が必要なんです。でも波に乗ってさえしまえば、キャストみんなとの掛け合いの中で自然と面白いものが生まれてきます。

だからあえて事前に準備しすぎず、現場で生まれたものを取り入れてどんどん高めていくような瞬発力勝負でした。

みんなといっしょに作り上げる、ある意味“出たとこ勝負感”が魅力の作品になったと思います。収録現場はすごく楽しくて、お芝居を通してみんなで全力疾走したり殴り合ったりしているような感覚を味わえました。

――“バカ”こと田中を演じていて、そのおバカさに時々は共感できるシーンもあったんでしょうか……?

赤﨑 あそこまで自由になれたら楽しいだろうなって思う域には達してますね。

私も周りの人から見たらおバカとか抜けてるとか言われるタイプだと思うんですけど、彼女ほどにはバカになれないし、なれたらとても面白いだろうなと感じます。

思ったことをすぐ発信できるのは強いですよね。「こんなこと言ったら相手に嫌われちゃうかな?」っていう不安をすっ飛ばした信頼関係がそこにある気がします。

――ちなみに、現場で“バカ”役と呼ばれるのってどんな感覚なんですか?

赤﨑 アニメ収録の現場ではそこにいるみんなに「○○役の○○さんです!」ってよく紹介されるんですけど、この作品は「バカ、赤﨑さん!」「はい、赤﨑です! よろしくお願いします」って感じで始まるので、初めて収録に来た人は「え? 大丈夫?」って空気になります(笑)。

もちろん、ずっと“バカ”と呼ばれてるわけじゃないので気にしていませんよ(笑)。余談ですが、愛生さん(ロボこと鷺宮しおり役の豊崎愛生さん)がかわいく「バカちゃん」って呼んでくれるのはうれしいです。




パセリを食べる音や、背油のモノマネにもこだわりが!?
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
https://webnewtype.com/report/article/196824/

2:
家事育児を「やっているつもり」の旦那へ見せた執念の分担図
https://wiking.soluekat.com/Ymukcqaow/1140.html

3:
アニメの無駄遣い
なぜこんな老けたババアどもにやらせるんだ

4:
なんとなく見たけど
こいつ面白かったわ

5:
3巻まで面白かった

6:
いいからさっさとキルミー2期をやれや
何年全裸待機させんだよ
風邪こじらせて死んじまったじゃねーか

7:
人妻三人組がメインの三人か。
いい身分だな

8:
【必読】
カドカワ=ニコニコ動画=ドワンゴは創価企業

星野康二
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%E9%8E%E5%BA%B7%E4%BA%8C

株式会社スタジオジブリ代表取締役会長
カドカワ株式会社社外取締役
株式会社ドワンゴ社外取締役
スタジオジブリ代表取締役社長
株式会社KADOKAWA・DWANGO社外取締役

人物:
母校への思い入れは強く、「創価教育同窓の集い」にて「創立者池田先生、そして創価同窓の皆さんに、勝利の報告をさせていただけることは、最高の誉れ」と語っている。
「どんな時でもくさらず、前向きに『きっと池田大作にお応えする人材になるんだ。』」をモットーとしている。
また、星野の情熱の原点は「池田大作と出会い『師の偉大さを証明しよう! 国際社会で活躍する人に!』と決めたこと」と語っている。
一見すると順風満帆な人生だが、挫折を感じた際は「くじけそうになる度に、池田大作の著書を読み返した」と述べている。

9:
今のニコ動でプレ会になるのは創価に財務するのと同じ
間違っても課金してはいけない
不幸にして今プレミアム会員の人は即解約を

なお現ドワンド社長の夏野剛(=星野康二の部下)は夫婦別姓に賛成
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F%E9%8E%E5%9B

星野康二 創価学会 朝鮮 嘘つき ニコニコ動画 ドワンゴ パチンコ

10:
キルミー赤崎におバカ女子高生の役やらせたら右に出る奴いないな

11:
今期はこれが一番面白いと思ったわ

12:
男目線で見ても普通に面白いし、男女に好かれるギャグ作品になってるのは結構凄いと思う
過剰な言葉遣いや演出がないのもいい

17:
>>12
監督の方針でギャグ顔は極力無しだそうな

18:
>>17
そうなんだ
レポ見ても相当こだわって収録したみたいだし次回以降も期待できそう

13:
女子高生キャラの3人の中の人が人妻だらけな若作りアニメ

14:
織部やすな
「ソーニャちゃんが作ってよ。あ、ソーニャちゃんは作れないから私と違って行き遅れに()」

ソーニャ
「あんだどーーーー!!」
織部やすな
「(気絶・・・・・・)」

15:

20:
>>15
誰?

16:
バカを演じるのも大変だな

19:
ご家族が裸族

21:
東村山の無駄づかい

22:
ボールルームへようこそといい このキンキン声はキツい

23:
赤碕はアホの子役以外認めない