1:
https://www.oricon.co.jp/news/2139640/full/
2019/07/09 16:40

歴代の『週刊少年ジャンプ』の編集長らが9日、都内で行われた「おとなのジャンプ酒場」オープン記念イベント&内覧会に出席し、同誌の裏側を暴露した。

これは同誌の創刊50周年記念企画の一環として11日にオープンするもので、1980年代のジャンプ作品をフィーチャーし、黄金期の歴史を詰め込んだ店内空間でオリジナルメニューを提供する。
この日は、当時の編集部で活躍した5代目編集長の堀江信彦氏(担当は『シティーハンター』など)、鈴木氏(『キャプテン翼』など)、8代目の茨木政彦氏(『ろくでなしBLUSE』など)のほか、
現在の11代目・中野博之氏(『べるぜバブ』『トリコ』など)が参加した。

鈴木氏は編集長の経験はないが、81年に立ち上げた『キャプテン翼』でサッカーブームを巻き起こし、2016年より常務取締役に就任している。
歴代のジャンプ編集長の名前に「彦」がついていることが多いため、MCを務めた中野編集長は「『ジャンプ』編集部で偉くなるには名前に『彦』がついていないとダメなのでしょうか?」と3人に質問すると、
そろって「たまたま。ただ、お酒はよく飲んでいた」と笑わせた。

トークの中心は、自身が当時担当した作品の思い出エピソード。
「『キャプテン翼』がなければイニエスタ選手が居なかったかもしれない」「当時の読者アンケートで、『ハイスクール!奇面組』は10位くらいだった。それ以上の順位の作品はすべてテレビアニメ化されて…」などと、
“酒場”のイベントということで口調がはずんだのか裏側も明かした。

そんな中で『キャプテン翼』(81~88年連載)の作者・高橋陽一氏との思い出を語った鈴木氏。
「当時、『キン肉マン』がライバルで、作者同士、年齢が一緒ということもあって…」と言い「ジャンプは読者アンケート史上主義なのですが、1位を取るためストーリーの山場を互いにぶつけてくる。
ただ『キン肉マン』は試合が短いのですが、『キャプテン翼』は試合が長くなるため、高橋先生と話したのは『チームが優勝する時に1位を取ろう!』と、それで6回だけ取れたのは良い思い出です」と振り返った。

no title

「おとなのジャンプ酒場」オープン記念イベント&内覧会に出席した(左から)中野博之氏、鈴木氏、堀江信彦氏、茨木政彦氏

2:
うおおおおおおおおおおおおお

3:
キン肉マンとキャプ翼はコミックス発売日が同じだったよな

4:
ピヨ彦

10:
>>4
ピュ~っと吹くジャガーさん懐かしいな

5:
イバちゃん禿散らかしたな

6:
うぷぷやまぽぽこ
さくまあきら
青木さん


懐かしいなあ

7:
マシリト

8:
昔の同僚にヒコちゃん、ヒコちゃんって呼ばれてた手癖の悪いのが居た(笑)どうしているのやら

9:
えのんは?

18:
>>9
あれは編プロの社長

11:
要チェックや!

12:
荒木飛呂彦
井上雄彦

13:
高見盛精彦

14:
京極夏彦

15:
錯乱坊主

16:
近藤真茶彦

17:
ジャンプ編集長はマジ激務なんだろうな…

19:
いまだにジャンプで一番稼いでるのが鳥山で
こいつらはそれを超える仕事一つもできなかったくせに
全員なんか仕事したつもりで語ってるのが草

特に現編集長はまともに新人も発掘できてないのがクソ