1:
2019年07月03日 17時00分更新
文● MOVIEW 清水、編集●ASCII編集部



(C)CHIROLU・ホビージャパン/白金の妖精姫を見守る会
no title


作品解説
若くして頭角を現し、その名を知られる凄腕冒険者の青年「デイル」。
とある依頼で深い森へと足を踏み入れた彼は、ガリガリにやせ細った幼い魔人族の少女「ラティナ」と出会う。片角を折られ罪人の烙印を押されたラティナをそのまま放置できず、保護者になることを決意したデイルだったが――
「ラティナが可愛すぎて、仕事に行きたくない」――気づけばすっかり親バカ全開に!?



スタッフ
原作:CHIROLU「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」
(HJノベルス/ホビージャパン)
監督:柳瀬雄之
シリーズ構成・脚本:吉岡たかを
キャラクター原案:景・トリュフ
デザイン協力:ほた。(MFC/KADOKAWA)
キャラクターデザイン・総作画監督:西田美弥子、舛舘俊秀、出口花穂
プロップデザイン:大久保富彦、児玉 萌、大場優子、小池瞳子
色彩設計:渡辺亜紀
美術監督・美術設計:柴田 聡
撮影監督:山根裕二郎
編集:小峰博美
音楽:横関公太
音響監督:土屋雅紀
アニメーション制作:MAHO FILM
オープニング・テーマ:「I'm with you」(歌:ラティナ(CV:高尾奏音))
エンディング・テーマ:「This is 勇者, but 残念!?」(歌:デイル(CV:岡本信彦))

キャスト
ラティナ:高尾奏音
デイル:岡本信彦
ケニス:小山剛志
リタ:沼倉愛美
クロエ:桑原由気
シルビア:高野麻里佳
ルディ:田村睦心
マルセル:広瀬ゆうき
アントニー:福原かつみ

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

https://ascii.jp/elem/000/001/888/1888775/index-2.html

2:
ラティナかわゆい

3:
これの最新刊全くストーリー進んでないけど大丈夫?

8:
>>3
原作小説は完結しているから何の問題もない

4:
声優があまり見かけない面子だね

5:
最近のタイトル マジでガチでキモいな

14:
>>5
みる必要なしアニメがわかりやすくて便利じゃねーか

6:
なんかアニメは可愛らしさが3割減ぐらいになってるな。

7:
今期超凶作で糞アニメだらけ

9:
今期は春よりはるかにマシだろw
ゴミラノベ物のぞけば結構そろってる

10:
冬春が酷過ぎたからそれより少しましってだけ

11:
【うちの娘。】ラティナは踊る虎猫亭のアイドルかわいい
https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/anichara2/1562254588/

12:
アニオタの年齢が上がったから子育てものは当然だわな。
社会人には世話好きなキツネのパターンもあるし自分んオ好みで選べるのがいいよな。

13:
転移転生
亜人
幼女

やっぱりこの中で言うなら幼女はやめて欲しいところだ

15:
娘が可愛く描けるかどうかがキモなのに、作画がイマイチで残念

16:
近年子どもの虐待しが多いけど、
子どもがアニメ程物分かりが良くなかったり、
可愛すぎてドSモード指導させたり、
保護者としてどうしても好きに慣れなかったり、
実の子連れ子いろいろあると思うけど、
だいたいこの3パターンなのかなって思う。
まあ、このアニメ見てむろむろってきても、
言語が同じでもまずこのレベルで意思の疎通できる小どもはいないからそれだけは頭に入れて、
既に幼女との交際欲求で実際に経験済みの諸先輩たちには大きなお世話かもですが、
くれぐれもお気お付けて、

17:
主人公がキモくて生理的に無理だった

18:
うさぎドロップみたいに大きくなったら結婚エンドだろどうせ

21:
>>18
そやで

19:
なろうと書籍でどんだけ違うの?

20:
ロリコンだけどこういうのキライ

22:
俺を倒せなかったら娘をもらう!

23:
なんとなく設定オタクっぽい雰囲気が気になった。