1:
2019年06月07日 05:56
村田真哉さん原作、隅田かずあささん作画の漫画「キリングバイツ」第13巻が発売された。

手術によって獣の能力を得たのが獣人同士のバトル「牙闘(キリングバイツ)」が裏社会で行われる世界が舞台。獣人の少女・宇崎瞳がデビュー戦で、百戦錬磨のライオンの獣人を倒したことから始まるストーリーが描かれる。2018年冬にテレビアニメが放送された。




WEBヒーローズによる内容紹介は以下の通り。各巻の試し読みができるほか、公式サイトで第1話と連載分が読める。





「獣獄祭」衝撃のフィナーレ!!

佑を襲った凶爪は、復活し、さらなる変貌を遂げた
獣巨人「巨懶獣」によるものだった──!!
弱点のない完全な怪物と化した「巨懶獣」に
瞳、野本、そして純はどう立ち向かうのか…?
数多の獣達の血を贄に「獣獄祭」ついに決着!!
http://www.new-akiba.com/news/179235

2:
牙の鋭い方が勝つ、それが!

6:
>>2
天さん

3:

4:
二期は?

7:
>>4
二期は無いだろwww
だって、一期の主役はただの脇役に成り下がって、一期の情けない野郎がでばってるんだから面白くもなんとも無くなる。

つか、13巻ってよく続いてると思うわ。
結局は、テラフォーマーズのキャラで格ゲーやってるような出涸らしなんだし。

5:
信者のお布施が足りなかったのでなし

8:
アニメ2期はよ

9:
中学生がけもフレを解釈するとだいたいこんな感じ

10:
ぱんつを見る漫画