1:
2019年06月07日 04:18
赤松健さんの漫画「UQ HOLDER!」第20巻が発売された。

「魔法先生ネギま!」の未来の世界を舞台に、近衛刀太を主人公とした作品。記憶喪失の近衛刀太は雪姫(エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル)と暮らしていたが、刀太も雪姫同様に不死人となり旅立っていく。テレビアニメ「UQ HOLDER!~魔法先生ネギま!2~」が2017年秋に放送された。

講談社による内容紹介は以下の通り。各巻の試し読みができるほか、マガジンポケットで第1~28話と連載分が読める。







“神の拒絶”をはね除け、夏凜と仮契約を果たした刀太は、一空、三太、忍、みぞれ、そしてキリヱと仮契約を結ぶ。大きな戦力を得た刀太は、ネギと世界を救う第一歩として、宿敵・フェイトとの直接対決に挑む! そして……最後のナンバーズがついに登場! その正体とは!!?
http://www.new-akiba.com/news/179263

2:
なんやろ
http://9ch.net/djHWm

3:
ネギまの勢いはない

4:
人気あんのか、これ?

5:
打ち切りになってないって事は買ってる奴がいるんだなあ

6:

7:
つまり銀牙や男塾並みの大人気か

8:
アンチはツンデレ

9:
死に戻りとか
魔剣とか
他から貪欲にアイデアを取り込んで漫画にしてしまう姿勢はむしろ感心する

10:
>>9
それも絵が一流だからこそだがなあ
あの人の絵の緻密さはもはや芸術レベル

18:
>>10 アシスタントが超優秀なんやで wikiに載ってるくらいだからな

26:
>>18
遊人もコナンにツッコミいれるならこっちにも入れろよって話
それこそ赤松は絵を描いてないだろw

19:
>>10
令和になってまでこんな自演ありえるの?

22:
>>9
>>10
赤松sageのためにアンチがわざとやってんのか?

27:
>>10
20年前から原作:赤松 作画:Magiだから

36:
>>10
赤松は自分で描いてないと公言しとる

11:
本人スレに降臨

12:
ネギまの流れを汲まない方がよかったんじゃね

13:
ねぎまはネギとオオカミ少年?のバトルで見なくなったんだけど面白かった?
スクールランブルも途中で見るのやめてたわ、この2つが最近思い出して気になったんだけどツタヤのレンタルコミックにないんだよな

14:
いい加減、ネギまのラストナギとの決着エピソードは描かれたの?

15:
バッドエンドとハッピーエンドの二種類描いてる

16:
まだ続いてたんか
アニメも結局観なかったなあ

17:
描きこみで必死に誤魔化してるけど絵は古くて読みづらい。
題材は他で売れたものをひたすらパクってるだけ。
内容は面白い面白くない以前にわけがわからない。

20:
シリアスバトル路線に移行してもいつでも萌えコメディに戻れるように『ラスボス』とか『チート』とかの単語を使ってシリアス感を薄めるのがダサい
本人は保険かけてるつもりみたいだけど結局はそれがどちらにも振り切れずに内容を陳腐化させて首を絞めてるのに気付かない
メインヒロインも読者人気の結果であっちいったりこっちいったり・・・昔はともかく今の読者は目が肥えてるからそういうのが見え透いてると興ざめする
面白かったのはネギま文化祭の前までくらいで今も続編のコレが終わらないのは同じ雑誌に進撃以外たいしたのがないから

21:
久米田康治大先生はどう評価してるんだ

23:
アシスタント優秀なんだろうけど
そのアシスタントが漫画家に独り立ちしたって話は聞かないな。
赤松って昔編集の内定もらったって公言してるのに。
俺が知らないだけで、実は何人もデビューしてるのか?

24:
>>23
綾永らんは?

25:
まあそれなりに面白いけど、「死なない」と言う前提と、
タイムパラドックスの扱いが恣意的という点で、いまいち
のめり込んで楽しめない。

28:
アニメ化に恵まれない人

29:
まだやってたのか

30:
四半世紀の漫画家生活で、
不人気による短期打ち切りが一度もないのはすごい

31:
アニメの基地外じみたド下手くそ声優さんはこのアニメの後も仕事してるの?
大好きな作品を汚しやがってクソが 続編二期ないんだろなー

32:
声優選んだの赤松なんじゃねーの?
脚本構成も関わってたはずだからアニメが糞なのは赤松のせいだろ

33:
読み手の世代はどんどん変わるのに、ネギま読んでないと分からない漫画を続けられてもねぇ・・・

34:
ネギまファンでいまだにこれ読んでるのはどんだけいんだろ
赤松本人はこれが始まる頃「勝算はある」みたいなこと言ってなかったっけ?

35:
ゆうてそこそこ売れてるからのう

37:
何でエヴァンジェリンだけ優遇されてるんやろ
他みんなババアになってるのに