1:
2019年6月6日 12:26

竹内友「ボールルームへようこそ」が、7月5日発売の月刊少年マガジン8月号(講談社)にて連載を再開する。

これは本日6月6日に発売された同誌7月号にて伝えられたもの。「ボールルームへようこそ」は、平凡な中学生・富士田多々良が社交ダンスと出会い、競技の中で成長していく姿を描く青春物語。2018年1月号より休載しており、約1年半ぶりとなる連載再開号では、都民大会決勝戦のワルツ終盤、ついに覚醒した多々良・千夏組のその後が描かれる。

また併せて、8月6日発売の同誌9月号より「EDEN」「オールラウンダー廻」などで知られる遠藤浩輝による新連載がスタートすることも伝えられた。

この記事の画像一覧(全5件)大きなサイズで表示
https://natalie.mu/comic/news/334464

2:

3:
おせーよ
早くしろ


もっと
もっとだ

4:
首を長くして待ってたよ!

5:
これとスピリッツのダンス漫画の区別がつかない

6:
エンドウコウキは頭よく見られたいという欲を捨ててエンターテイメント描くことに注力すれば、大ヒットも望めると思うんだけどなあ

7:
まこと組んでるところがピークだった

8:
ジャンプで連載されてた背すピンのほうが良作

9:
>>8
それはない

10:
最近のダンスマンガで面白いのは10ダンス
BLだけどそんなの関係ない

11:
アニメ良かったね

12:
まこちゃんのおっぱい吸いたい

13:
遠藤浩輝のヤクザを出さないと気がすまないグロ性癖を月マガでやるんか…

読者の心を折ることだけが存在理由の漫画家を少年誌に戻すとは

14:
中学編おもしろかった。

15:
ソフトメタルが尻切れ蜻蛉っーか、
設定生かしきれず終わって残念
まぁあんなモンか、とも思うが

16:
>>15
設定はさておき、キャラに魅力を感じなかった
一番大事なところがおざなりになってたと思う

17:
オールラウンダー廻の方の作風なら月マガでやっててもおかしくはない、ちょっと暗いが

18:
都民大会まで書ききって完結とかないよな?