1:
 先日、カナダの都市モントリオールで開催された、ジャンル映画祭として有名な「ファンタジア国際映画祭」に行ってきた。この映画祭のアニメーション部門最優秀賞は、「コン・サトシ賞」と名付けられている。これは2010年に亡くなった日本のアニメーション監督・今敏の業績に敬意を表したものだ。

 そんなディープな映画祭で世界のアニメ作品と競い合い、2018年度の最優秀アニメーション賞を制覇したのが、本作『ペンギン・ハイウェイ』だった。その内容を見れば受賞も納得してしまう、完成度とイマジネーションを持ちあわせた作品だ。そしてそれは、圧倒的な存在感を放ってきたスタジオジブリが継続的な制作から退き、欠落感漂う日本の劇場長編アニメーション界において、希望の灯のひとつとしても評価できる、今後の可能性を感じさせるものとなっていた。

 ここではそんな『ペンギン・ハイウェイ』を解剖しつつ、作品が描こうとしているものについても、できるだけ深く読み解いていきたいと思う。

 スマホのゲームアプリや、マクドナルド、カロリーメイトなど、ここ何年かに、スタジオジブリ風の雰囲気を何となく感じさせるアニメーションを使ったTV-CMが増えてきたと感じていたが、これらを精力的に作っていたのは、「スタジオコロリド」というアニメスタジオだった。漠然と、ジブリから独立したスタッフが手がけているのかと思っていたが、たしかにスタジオジブリ出身のアニメーター、新井陽次郎がコロリドに在籍し、実際にこれらCMの一部を作画・演出していた。

 このようなCM作品に代表されるように、ジブリの影響を一部感じさせる短編アニメーション作品を、7年のうちに多数手がけてきているスタジオコロリドは、穿った見方をすれば、スタジオポノック同様に、ジブリに影響を受けつつ、そういう作風を対外的な「売り」にしてきたともいえるだろう。いま「ジブリっぽさ」は、武器になり得る要素なのである。そんなコロリドの劇場用長編第1作となるのが、『ペンギン・ハイウェイ』 だ。監督は、スタジオのトップクリエイターである石田祐康(いしだ・ひろやす)。彼にとっても本作は長編初監督作である。

 石田監督のデビュー作は、大学在学中に制作した短編『フミコの告白』(2009年)だった。その物語は、意中の男子にフラれた女学生が、あまりにもショックだったのか、泣きじゃくりながら猛スピードで道を走っていると、急な階段で転げ落ちそうになり、必死で前に足を出し続けることで、さらに加速して事態がエスカレートしていくという内容だった。いつしかフラれたことなど観客に忘れさせてしまうような疾走感は、学生の自主制作のレベルをはるかに超える表現力だと感じさせた。

このエクストリームな表現は、『ルパン三世 カリオストロの城』で、城に忍び込もうとするルパンがひょんなことから、意に反して急角度の屋根から滑り落ちていき全力疾走してしまうシーンに似ており、さらに『千と千尋の神隠し』にも同様のシーンが存在している。

石田監督の劇場用短編『陽なたのアオシグレ』(2013年)でも、やはり宮崎駿監督作を思わせる、鳥の飛翔シーンが話題となったように、石田監督の表現の根底にあるのが、「宮崎アニメ」であることは事実だろう。だから『ペンギン・ハイウェイ』でも、「売り」となっているジブリ風のテイストや、宮崎監督の匂いが感じられる映画になるのだろうと予想していた。

続きはソースで

no title

no title


■動画
「フミコの告白」Fumiko's Confession https://youtu.be/0QqT1P4VO30


「陽なたのアオシグレ」予告編ロングVer. https://youtu.be/SUfWjDfYGtM



http://realsound.jp/movie/2018/08/post-240414.html

2:
フミコの告白の人だったのか

3:
スタジオパクリか。
雰囲気をいくら似せてもオリジナルは超えれない。それに宮崎の真骨頂はフィソロジー。好き嫌いはあっても宮崎作品の根底には政治哲学がある。それがないと軽薄な紙芝居になる。

4:
>>3
スベってるよ

13:
>>3
おじいちゃん、ちゃんとオムツしてから寝まちょうねーw

17:
>>3
露骨なオッパイはジブリやらんだろ

27:
>>17
え?

42:
>>27
露骨なオッパイあるなら教えてよ
ナウシカと海が聞こえる以外で
ナウシカはジブリじゃないが

29:
>>3
それはポノックに言えよ

5:
予告編見て筋も内容もわからん作品がヒットするわけねえだろ
物好きしか入んねえよ
日本のオリジナル劇場アニメはマジそんなんばっかやな
工夫せえよ

22:
>>5
オリジナルじゃねえよ

30:
>>5
四畳半神話大系や有頂天家族の作者の小説原作だろ

6:
ジブリっぽいもん作っても所詮劣化コピーにしかならないんだがな

7:
未来のミライよりは面白かった

8:
ペンギンが別に悪い奴でもなく
わけわからないこと言ってくるんだろ。
だいたい想像つくわ
ジブリ臭がして吐き気がする

9:
>>8
しゃべらないよ

それより地球の危機がすぐそこまで
世界を救うのは今アニメ

43:
>>8
粋がって予想外して滑る。
お前、エンターテイナーだなw

10:
予告見る限り全くジブリ臭しなかったぞ
ペンギンとお姉さんのおっぱい

11:
悲しいときに泣いたりうれしいときに笑うアニメが嫌いだな
人間そんなにストレートに感情ださねーよって思ってしまう
そうした方が受けるんだろうけど
見てて心に響かない

12:
小説はジブリ風じゃない。
でも、CMを見る限り、自分が読んだ印象とも違う。

14:
ジュヴナイル映画ってやつじゃないのか。
やや学のあるタイプのオッサンの郷愁感を刺激する映画だと思う。

15:
スタジオコロリドは確かにジブリ風味の作画が売りのスタジオではあると思うけど
その点に関してはそれ以上でもそれ以下でもないような
カリオストロとかと比較しても仕方ないだろ、作風が違う

16:
原作がいいんだろ
  

18:
マリオカートで出て来そう

19:
今日観に行く
口コミで座席埋まりすぎ
ジブリもどきよりこちらに箱を回すべきでは

20:
見たけどつまらなくはないが傑作でも無いという感じかな

21:
いやつまらん

23:
ジブリ臭なんてなかったよ
観ればわかる

24:
CMが意味不明すぎて物語がサッパリ分からんからなぁ(´・ω・`)
君の名はのCMは「もしかして……私たち、身体が……入れ替わってる~!?」で
どんな内容か分かりやすかったのになw

46:
>>24
騙されたと思って本編観てみな?
サッパリわからないからw

25:
ペンギンハイウェイは細田守の未来のミライが大ゴケしたから
SNSを中心にあんなもん見るくらいならと、口コミが広まって健闘してるな

26:
にげーぞヒロユキ

28:
CM見たけど声優が濁声でびっくりした

31:
自分はこっちが観たかったけど、
子どもの付き添いでミライのミライ観た。
金返せレベルの薄っぺらさだったわ
ネット配信レベル

32:
一応これでも日本SF大賞受賞作だからな

33:
日本の大衆向けアニメはジブリを意識する限りこれ以上の伸びしろはないよ
ポスト宮崎と言われてその作風に近づけようとすればするほど没落していく

34:
蒼井優の声は悪くはなかったが、
一瞬、一条みゆ希かと思ったわ

つか巨乳のお姉さんに宛がってやるなw

45:
>>34
内田君(釘宮理恵)におっぱいトークをするアオヤマ君もなかなかだったぞw

35:
ざっくりとどんなお話しか分からないとお金出して映画館に行かないだろ?

37:
>>35
原作があって試し読みまでできるのにアホかお前は

36:
あまり話題になつて無いけど、あさがおと加瀬さんが女子高生の平凡で甘酸っぱい青春を
写実的に描き切った名作だった。

39:
生存戦略のやつか

40:
森見登美彦好きだから見たいな

41:
名台詞ぽいの並べときゃいいだろって感じのCMが嫌

44:
母親のおっぱいとお姉さんのおっぱいは何故違うのか
を研究するアニメ

47:
内容はともかく、アニメーションとしての楽しみはありそうだよね
見てて気持ちよさそう
ジブリ作品も内容はさておいて作画だけ好きな場面がけっこうある

48:
別に日本の劇場長編アニメは今でもコンスタントに作品を発表してるから欠落感は感じないけれど
内容や質だけ切り取って考えると確かに高畑監督や宮崎監督作品の方が抜きん出ていたかと

49:
コンテ切るセンスの差w

50:
予告見て作品の内容が分からんて声が多いけど、
『小学生の男の子と美人でおっぱいの大きいお姉さんが街に現れたペンギンの謎に挑む』くらいは分かるだろ。
後は自分の感性に合うかどうかくらいで。

55:
>>50
むしろ、これは「わからない」ことがテーマなんだろう。

51:
影響を受けるのはいいけどジブリっぽいって誉め言葉なのかねぇ

52:
予告編見たら現代の閉塞感に辟易した若者が
何か悪いクスリでラリってあらゆるものがペンギンに見え、
空を飛ぶ幻覚にうなされるストーリーを連想した。

53:
>>52
精神病んでないか?(´・ω・`)

56:
>>52
良く分からんがそういう飛躍した考えができるのはある意味才能。
クリエイター目指したら?

54:
制服女子、おねショタ、子供がわぁわぁ
そんなのが一杯の日本アニメーション

ワア、ショウライガタノシミダナー

57:
スタートが大コケだった割に評判はいいよな。
これから口コミで盛り返してくるのでは。

58:
>欠落感漂う日本の劇場長編アニメーション界
まず、「劇場版」と名が付く総集編を駆逐しろ

60:
>>58
近所迷惑にならないように兎小屋で防音も含む5・1chサラウンド音響を満喫できるのは限られるからねえ
3d放送も普及しないし シーン連動座席や爆音上映の需要は当分無くならないでしょ

61:
>>60
昔テレビのブローアップ版をまんがまつりでやってた時代かな

59:
細田は東映退社後のマッドを製作基盤の2006年7月の時かけは角川ヘラルド配給なので
角川担当の広告代理店であるクオラス(旧・ビッグショット)の親会社のフジで初放送されたが、
サマーウォーズの時にはマッドの親会社の日テレが主導権で、
2011年のスタジオ地図設立時もマッドが一応出資したことになってたのを
2014年に日本テレビ・スタジオ地図有限事業組合を設立

ポノックは日テレと、コロリドはフジとの仕事多い?

62:
出来杉くんの年齢を10才にしてドラえもんたちが劇場エピソードで出払ってる裏で起きてた、出来杉の成長物語な感じ

64:
>>62
出木杉はおっぱい大好きか?

63:
お姉さんの声の演技が一本調子、かつ酒焼け感あって微妙

65:
糞みたいな言い掛かり