1:
日本の性的文化について考察した書籍が今年3月、相次いで自治体から「有害図書」に指定された。
「エロマンガ表現史」と「全国版あの日のエロ本自販機探訪記」の2冊で、18歳未満への販売が禁じられるほか、図書館などでも取り扱われにくくなることから、研究書まで有害指定するのは行き過ぎだとの批判が起きている。
著者はそれぞれ、どんな思いを本に込めたのか。有害指定されたことについての受け止めとともに聞いた。

■「エロマンガ表現史」の稀見理都さん

漫画についての研究は数多いのに、エロ漫画においては先行研究がほとんどありませんでした。エロの世界でも作り手は様々な表現を試みてきた。
模倣や改良が繰り返され、漫画的な記号として定着してきた歴史があります。エロだからというだけの理由で、創作の歴史をないことにするのはおかしい。
そんな思いもあり、この本を書きました。

■「エロマンガ表現史」(太田出版)
2017年11月発行。392ページ。エロ漫画や一般向け漫画におけるお色気シーンの描き方の変遷を紹介。作家へのインタビューも。
3月30日に北海道が有害図書に指定したが、指定を決めた有識者会議が議事録を残していないことが判明した。
 苦労したのは、普通の漫画ならそろっているアーカイブやデータがほとんどないことです。自分が所持していたものに加え、古本屋を巡ってネットオークションも活用しました。
知人に片っ端から昔の雑誌がないかと声をかけていると、そのうち出版社にも伝わって廃棄処分になる雑誌を入手できたこともあります。

 漫画のエロ表現には社会が如実に映し出されています。例えば、エロ漫画では2000年以降、女性が自ら女性器を広げる表現として「くぱぁ」という擬態語が多用されるようになりました。
セックスの場面はかつて男性上位で描かれたのが、女性上位のシチュエーションが増えたためです。
社会の意識変化の表れと捉えられます。一般向けの漫画も同様です。
お色気場面がある少年誌では、昔は「ハレンチ学園」や「まいっちんぐマチコ先生」で男性が女性に対して、いたずら目的のセクハラ行為が目立ちました。
最近の「To LOVEる」や携帯漫画では、積極的な女性に対して戸惑う男性が多く描かれています。

続きはソースで

no title


:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL8G5F8QL8GUCVL00W.html

3:
>>1
春画研究自体がもうどうかな?って思うけれど?

6:
>>3
何がもうどうかななのか知らんが
一般の浮世絵は奢侈禁止令で色数や高価な顔料に制限をかけられていた
春画は秘密出版なので、そういう制限がなくて色版が多かったり高い顔料を使っていたり
贅沢な彫り摺りのものが多いので版画研究には欠かせない
春画を研究しない研究者なんてありえない

4:
美少女症候群ナツカシス

5:
集英社の漫画家のように児ポ犯罪者もおるしな
どんどん有害図書指定しろ

7:
>>1 よ、「続きはソースで」とあるからリンクをたどってみれば
追加で読める情報は「体系的に調べると性交の場面の…」だけ。
その次は「こちらは有料会員限定記事です」だったぞ。

エロ漫画が現在生きてるメディアだと考えると、
歴史研究という大義名分を立てるのは時期尚早かと。
「発表されては読み捨てられている作品を未来に保存すべきだ」
という立場には大いに賛同するけど。

輸出品の焼き物の保護材として海外に流出したおかげで
現代にも浮世絵作品が残った、みたいな轍を踏まないようにな。

8:
全く違う

9:
内容によるんじゃない?
体系や系譜、年表を信頼できる情報として確立されてるなら意義もあるだろうし
これが抜ける的なガイド本みたいなのならそらまあってなる

29:
>>9
エロマンガ表現史持ってるけど
これは「これが抜ける!」みたいな本じゃないよ
ガッチガチの表現考察本。学術本と呼ぶにふさわしい真面目な作り。
これがダメだっていうことになると、社会的に問題があるテーマ(エロ、犯罪、カルトにテロに特殊性癖や特殊精神疾患)を学術的に知識化することはすべて不適切ってことになる

何が社会的に不適切か すら分からなくなるってことになるよ

10:
普通のエロ漫画と研究本が同じとは思わないけど
年令によっては研究本でも有害と言えなくもない
著者としては同列扱いで有害指定は不本意だろうけど

ビデオと同じように年齢制限でカテゴリー分けすれば良いと思う
有害指定なんてカテゴリー分けするのは酷いよ

11:
著者の反論に応じるにも、指定した側は議事録すら残してないし、
裁判になったら勝ち目ないな。
偽計業務妨害罪を問われても仕方ないぞ。

12:
ネトウヨさんキモイです

13:
昭和のエロ本のタッチは
いずれ春画並みの価値を生み出す。
外国から火が付くだろう。

14:
性犯罪抑制したいなら性欲を研究しろ

15:
なにこれ
ちょっと読んでみたい

16:
>模倣や改良が繰り返され、漫画的な記号として定着してきた歴史
乳首の揺れ表現とかくぱあとかか

25:
>>16
正にそれ
あと断面図とか

成人漫画からの引用シーンがあるから指定は仕方ないっちゃ仕方ない部分もあるとは思う

17:
光栄なことじゃん

18:
高校の時にとんぼの本シリーズで春画の本買ったけど
背景に書かれた台詞(ナレーション)?も含めてエロかったw

19:
>>18
あれあれ、そんなにくじられたら、気がいってしまうよー
こんないいぼぼはひさしぶりだ、おめえもこんないいへのこは味わったことあるめえ、それそれ

20:
つかエロ本は消費税増税したら、軽減税率の対象外になるらしいね

21:
<国会国立図書館デジタル化資料アクセス数ランキング>
1位 「エロエロ草紙」酒井潔 (1930)  19,670件

22:
稀見 理都(きみ りと、4月28日 - )は、日本の美少女コミック研究家、マンガ家インタビュアー、ライター。アメリカでの肩書きはHentai・Specialist。
サークル「フラクタル次元」主宰。

38:
>>22
とりみきと関係あるの?

23:
朝日・毎日を早く指定しろ

24:
エロ漫画読んじゃいけないはずの18歳未満が研究所だけ読んでどうすんのよまして図書館とか
有害指定は詳細に研究した証なんだからむしろ誇りゃいいのに
あとエロ漫画研究って同人だとけっこうやってる人いるじゃん

26:
春画の研究そのものが…

あーそうか
「そのもの」の研究資料は有害では無いのか
どうなんだろうなコレ

27:
断面図はやめてくれ
トラウマのカエルの解剖思い出す

28:
研究書なんだし、図書館にはちゃんと置いてほしい。
開架図書じゃくて閉架図書として保管すれば、問題はないだろう

30:
フェミニストは基地外だからなあ

31:
「ニホンの春画に影響を受けましたっ(キリッ」 談:ヨーロッパの某超有名画家たち

32:
乳首には何番のトーンがいちばん使われているか、みたいなのも調べてあるのかな
昔の少年漫画は乳首普通に出てたとかいう輩がいるけど、トーンは貼られて無かったりするよな

33:
文化の分析をするなら性的なコンテンツは無視できない
ビデオデッキの普及もそういった性的なものが牽引したといわれている
食べる事と性的な事は常に大きなウェイトを占めている
百科事典を読んでも性文化の項の比率は多い

34:
至って真面目な歴史文化の書籍を読んでも性関連はかなり突っ込んだ内容だ
中世のまぐわい方や売春の内容、王族の蛮行の詳細にいたるまで情報がある限り具体的に書いてる
挿絵付きで

35:
源氏物語は有害図書指定されないの?

37:
>>35
ちゃんと読んだ上で言ってるのか?
源氏物語に具体的な性描写なんてないぞ。

46:
>>37
彷彿とさせる
足音が聞こえる

これで絡まれるからな

39:
しかし冷静に考えるとエロは有害って理論もおかしいわな
その理屈だと犯罪物や子供のバトル物とかも普通に有害だろに

40:
ほならね、君は春画で抜けるんですか?
そういうことでしょ?

42:
要は18禁になると売上減るやんって話

43:
現代春画表現録にすれば売れない?

44:
昔のヴァチカンがトチ狂って禁書指定してるようなもんだな。

45:
リベラル派・共産主義者の著作こそ18禁にすべきだよなあ。

47:
葛飾北斎「鉄棒ぬらぬら」

48:
サンプルにY太の漫画を持っていったりするなよ!