【炎上中】もえてるニュース

萌えなニュースのまとめサイト。

    1:2015/08/30(日) 13:06:22.30 ID:
    「艦これ」開発/運営 (@KanColle_STAFF)さんが2015年8月30日 - 10:35amにツイート:

    「赤城」や「扶桑」姉妹等の艦娘C.V.を担当されている藤田咲さんから、現在展開中の高難易度&大規模作戦の「艦これ」夏イベ:
    期間限定海域【反撃!第二次SN作戦】、その全拡張作戦の攻略完了報告を頂きました。大変お疲れさまでした&ありがとうございます!
    #艦これ
    https://twitter.com/KanColle_STAFF/status/637800754980372486?s=17

    ------------------------------------

    「艦隊これくしょん -艦これ-」開発/運営公式ツイッターです。メンテナンス情報やアップデート/イベント展開情報等を、できるだけ早く提督の皆さんにお伝えするよう努めます。
    「艦これ」は今春二周年、そして三度目の『夏』を迎えることができました。応援頂いている提督の皆さん、本当にありがとうございます!
    【誰か仕事を回して! 藤田咲が、艦これ夏イベントをガチで攻略】の続きを読む
      


    1:2015/08/30(日) 16:21:19.68 ID:
    2015/8/30(日)11:23 時事通信社

     インターネット掲示板に女性の声優を脅迫する内容の書き込みをしたとして、警視庁中野署は30日までに、威力業務妨害容疑で、東京都千代田区平河町の専門学校生佐藤豊容疑者(22)を逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。

     逮捕容疑は4月22日午後2時50分ごろ、自分のスマートフォンからインターネット掲示板に「事務所に押し入ってぶち殺す」と、中野区の声優事務所に所属する女性声優を脅迫する内容を書き込み、同事務所の業務を妨害した疑い。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150830-00000021-jij-soci
    【「事務所に押し入って声優を殺す」の2ch書込みで専門学校生(22)逮捕】の続きを読む
      


    1:2015/08/30(日) 17:30:06.00 ID:
    2015/08/30/14:00

    誰もが一度はアニメを見て涙を流したことがあるのではないでしょうか?
    今回はきっと泣けるアニメ5選をご紹介いたします!!
    ちょっと泣いてみようかな?と思ったら是非どうぞ!

    ◆ワンピース

    かつてこの世の全てを手に入れた〝海賊王〟ゴールド・ロジャー。
    彼が遺した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」をめぐり、幾多の海賊達が覇権を賭けて争う「大海賊時代」が到来した。
    「東の海(イーストブルー)」のフーシャ村に住む少年モンキー・D・ルフィは、
    村に滞在していた海賊〝赤髪のシャンクス〟と親しくなり、海賊への憧れを募らせる。
    ある日ルフィは「ゴムゴムの実」という悪魔の実を食べ、一生泳げない体になる代わりに、全身が伸び縮みするゴム人間となった。
    広い海で出会った仲間とともに世界中の海賊が集まる海「偉大なる航路(グランドライン)」を目指す。
    wiki

    泣けるエピソードで人気が高いのは映画にもなった「エピソードオブチョッパー+冬に咲く、奇跡の桜」ですね。
    Dr.ヒルルク、チョッパー、ドクトリーヌそれぞれの思いが涙を誘います。
    その他にもアラバスタ編、マリンフォード編など泣けるエピソードがいっぱいです。全部観るのは難しいという方はスペシャルでやっている「エピソード○○」を観るのをおススメします!

    ◆ラブライブ!


    東京都千代田区にある、ごくありふれた女子高校の「音ノ木坂学院」(おとのきざかがくいん)。
    地域の人々の想い出に育まれた歴史と伝統あるこの学院も時代の流れには勝てず、3年後に迫る学校統廃合の危機に瀕していた。
    そんな中、9人の生徒が立ち上がる。
    彼女たちは、自らがアイドルとして活動し、学校の名を世に広め、入学希望者を増やそうと考えたのだ。
    今、少女たちと、まだ見ぬファンのみんなで叶える物語=スクールアイドルプロジェクトが始まった。
    wiki

    もはや現在は云わずと知れた「ラブライブ!」少女たちの友情や葛藤に涙してしまいます。
    私は学園祭で穂乃果ちゃんが倒れてしまって皆に申し訳ないと塞ぎ込んでしまったところで泣いてしまいました。
    他にもそれぞれのエピソードで共感したり、感動して泣けるところがありますよ!!

    ◆ちはやふる


    姉が日本一のモデルになることが夢である小学6年生の綾瀬千早は、
    転校生・綿谷新に「自分 のことでないと夢にしてはいけない」と諭される。
    そんな新の夢は、競技かるたで名人に なること。
    普段は大人しい新が真剣に札を払うその姿に衝撃を受けた千早は、幼なじみの真島太一も巻き込んでかるたの魅力に引きこまれていく。
    聴力に優れた千早の才能に、そしてかる たを一緒にできる友達ができたことに新は喜ぶが、卒業後はみな別の道を歩むのだった。それから4年後。
    高校生になった千早は、福井に戻った新がかるたから離れてしまったことを 知るが、
    それでも、かるたを続けていれば再会できると信じ、太一と2人、 瑞沢高校かるた部を設立する。

    このアニメは競技かるたをしているシーンが雰囲気にのみ込まれます!
    それぞれが抱える想いだったり、勝利への執着だったり。
    入り込めば入り込む程泣けてしまします!千早ちゃんは本当に素直に感情を表現するのでつられてしまうんです!
    是非この空気感を体験してください♪

    http://cupo.cc/archives/39110

    ※続く
    【泣けるアニメ5選!(※一般人向け)】の続きを読む
      


    1:2015/08/29(土) 20:34:51.91 ID:
    漫画は年齢や世代を問わず、いつの時代でも高い人気を得ていますよね。
    誰しも、心に残っている漫画がひとつやふたつはあるものです。
    中でも、恐怖系や救いようのないストーリーが描かれた漫画が忘れられないという人は多いのでは…。
    そこで今回は、思いだすとゾッとする、実はトラウマになっている怖い漫画について調査してみました。

    ■実はトラウマになった漫画ランキング

    1位:はだしのゲン
    2位:漂流教室
    3位:地獄先生ぬ~べ~
    4位:火の鳥
    5位:デビルマン
    6位:闇金ウシジマくん
    7位:ライフ
    8位:うずまき
    9位:座敷女
    10位:殺し屋1
    11位:ドラゴンヘッド
    12位:GANTZ
    13位:恐怖新聞
    14位:なるたる
    15位:おやすみプンプン
    16位:7SEEDS
    17位:不安の種
    18位:ヒミズ
    19位:ありがとう
    20位:MONSTER
    21位:ねこぢるうどん
    22位:ハッピーピープル
    23位:さくらの唄
    24位:エコエコアザラク
    25位:カンビュセスの籤
    26位:ライチ☆光クラブ
    27位:アイアムアヒーロー
    28位:ザ・ワールド・イズ・マイン

    http://news.nicovideo.jp/watch/nw1767762
    【【調査】トラウマ漫画ランキング】の続きを読む
      


    1:2015/08/27(木) 15:05:16.03 ID:
    2015.08.27


    『METAL GEAR SOLID V:THE PHANTOM PAIN』公式サイトより。

     いよいよ来月2日に発売となる『METAL GEAR SOLID V:THE PHANTOM PAIN』(以下、『MGSV:TPP』/コナミデジタルエンタテインメント)。
    全世界待望の「メタルギア」シリーズの新作発売に先駆け、『MGSV:TPP』プレイステーション4版のレビューが、
    海外ゲームメディアで解禁となった。
    今月24日時点での評価は平均点数95点と非常に高く、この発表にファンは小島秀夫氏にあらためて賛辞を送っている。

    “ステルスゲーム”というジャンルを世に広めた『METAL GEAR SOLID』(当時、コナミ)。
    「不必要な戦闘を回避し、敵に見つからぬよう進める」という画期的なゲーム性が受け、現在までに11作(『MGSV:TPP』は12作目)がさまざまなハードから登場している。

     そんな「メタルギア」シリーズの中枢を担うのが小島氏。
    長きにわたり、同シリーズを手掛けてきた小島氏だが、今年3月、同氏率いる小島プロダクションがコナミデジタルエンタテインメントの公式サイトから消え、
    「クビか?」「嫌な予感しかしない」など、ファンを不安にさせた。
    そして先月、スネーク役を務める声優・大塚明夫氏が自身のTwitter(@AkioOtsuka)で、「コジプロは解散させられてしまったが、
    チームの奮闘により作品はどうやらほぼ完成となった……(中略)……これが最期になったとしとも…MGS は不滅です!」と、
    小島プロダクションの解散を告げ、ファンを落胆させた。

     最高得点100点満点をつけたメディアすら存在する『MGSV:TPP』の評価に対し、
    ファンは「小島の遺作か」「小島も有終の美で良かったな」「最後に意地を見せたな、小島」など、悲しみと共に小島氏を祝福した。

     しかし中には、「ちょっと高すぎないか?」「香典みたいなもんでしょ。いくら外人でも死体は蹴れない」と、
    “最後と知った上での評価”と疑うファンも見られた。

     なお、今回発表された『MGSV:TPP』のレビューは、あくまでプレイステーション4用ソフトのみの評価で、
    他にもプレイステーション3、Xbox One、Xbox 360、PC用として発売される。
    見事“有終の美”を飾る作品となったのか、プレイする日を楽しみに待とう。

    http://otapol.jp/2015/08/post-3734.html
    【『メタルギア』最新作、海外メディアレビューで最高評価!】の続きを読む
      


    このページのトップヘ

    -->