【炎上中】もえてるニュース

萌えなニュースのまとめサイト。
相互RSS/相互リンクを随時募集しています。
アンテナ/まとめ/一般サイト問わず、必ず相互します!(アダルトは除く)
フォームよりお問合せください。

    1: 投稿日:2015/05/13(水) 17:31:13.50 ID:yctJpE/N0.n
    ニンテンドー3DS『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』発売決定のお知らせ

    見わたす限りどこまでも歩いていける広大な大地や、まるでアニメーションの世界を冒険しているかのように物語を体験で
    きることが話題となった『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』が、10年以上の歳月を経てニンテンドー3
    DSで登場!

    今作では、オリジナル版では語られなかった新たなシナリオが追加され、まだ誰も見たことのない衝撃の展開が主人公たち
    を待ち受けています。また、新しい仲間として、女盗賊のゲルダ、モンスター・バトルロード主催者のモリーが加わり冒険
    を彩ります。

    そしてなんと、イベントシーンはすべてボイス対応!声による表現が加わることで、壮大かつ温かみのある物語をより一層
    深く味わうことができます。さらに、音楽は東京都交響楽団の演奏によるオーケストラ音源を採用しており、臨場感あふれ
    る冒険をお楽しみいただけます。もちろん、ニンテンドー3DSの「すれちがい通信」機能を利用した新システムも搭載!

    パワーアップして生まれ変わった『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』にどうぞご期待ください!

    『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』
    対応機種:ニンテンドー3DSシリーズ
    ジャンル:ロールプレイング
    発売日:2015年8月27日(木)予定
    希望小売価格:5,980円+税
    http://www.dragonquest.jp/news/detail/1342/

    【3DS『ドラゴンクエスト8 空と海と大地と呪われし姫君』 発売決定】の続きを読む

    1: 投稿日:2015/05/14(木) 20:47:05.41
     今月13日、声優の明坂聡美が自身のTwitterにて、動画の無断アップロードについて苦言を呈したことをきっかけに、
    ネット上では無断アップロードについての議論が活発に行われることとなった。

     明坂聡美は、『探偵オペラ ミルキィホームズ』シリーズのアルセーヌ役や
    『デ・ジ・キャラット』のデ・ジ・キャラット役(2代目)などを務める人気声優。
    今月13日、明坂聡美は自身のTwitterで

    「いまだにいるのか。無断アップロードされた動画をドヤ顔でキャストに紹介してしまう人…
    これだけ騒がれているのに犯罪行為って認識ないのかなぁ。。残念だ。。」

    「どんなものが作られるにしろ、沢山の人の労力も時間もお金もかかってるし、
    正規の形で観る事でしか応援にはならないって認識があまり浸透してないんだろうなぁ。最近無料で簡単に観られるコンテンツも多いし。」

    (明坂聡美のTwitterより引用)

     と投稿。このツイートが話題となり、ネット上で「無断アップロード」について
    “動画サイトの利便性”や“違法性”など、多くの意見が交わされることとなった。

    「動画サイトは地方民には助かる」
    「アップは犯罪だけど、見るのは犯罪じゃないよね」
    「この時代、違法アップに触れていないネット民なんていないだろ」といった動画サイトの便利さを強調する意見や、
    「最近は業界人もYouTubeやFC2の利用を広言してる」「見る側は無断アップロードってどう判断すればいいの?」
    「ニコニコも厳密には違法動画ばかり」など、急速な動画サイトの普及や利用法についての意見が噴出。

     一方で、当然ながら「やってることは万引きと同じ」「泥棒の開き直りは最悪」
    「違法どうこうよりもモラルの問題だろ」「違法視聴は最終的には自分の首をしめる」と、
    無断アップロードの違法性やモラルを根拠に、真っ向から反対する意見も多い。

     今回、人気声優のツイートが発端となったことで、「(製作側にとっては)視聴の方法ではなく円盤を買うかが争点なのでは」
    「根源的には無駄に高いアニメの円盤が問題」など、アニメの収益構造に対する声も。

     動画サイトの発展により、誰でも気軽に動画をアップロードできるようになった現代。TPPによる“著作権違反の非親告罪化”など、コンテンツと知的財産権の問題がネット上で議論になることも多い。
    さまざまな意見が出る中で、声優までもが苦言を呈す現状が改善される日は果たして来るのだろうか……。

    http://otapol.jp/2015/05/post-2932_entry.html

    【【Twitter】人気声優が無断アップロードに苦言! 動画サイトをめぐり、ネットでは議論百出】の続きを読む

    1: 投稿日:2015/05/14(木) 20:55:10.70
    「この映画を見て、楽しくて、今日は現実忘れて馬鹿になれた。」とよく人は言うが、
    まさにそういう映画がエンターテイメントなんだろう。

    「この話を聞いてから、現実に生きていくためには、
    事実を分析して打開策を練り実行することが大事だとわかり、なんとか生きてこれた気がする。」と言う人もいる。
    まさに、そういう話をすることが教育なのだろう。

    教育とエンターテイメントは真逆だと、筆者は考えている。
    教育は現実に向き合いどうにかするためのものであり、エンターテイメントは、現実から逃避して楽しむためのものなのだ。

    そう、教育は「向かう」。エンターテイメントは「逃げる」ためにものである。
    なので、教育という方向で評価するのか、エンターテイメントという方向で評価するのかで、作品は、真逆の評価となる。

    例を挙げて一番今の人がよくわかるのは、少年ジャンプや宮崎アニメ(高畑アニメではない)、
    ディズニーランドや高視聴率ドラマや受けたハリウッド映画に「ドラえもん」、
    人気小説などなど、エンターテイメントとして受け入れられていて有名なものだろう。

    漫画なんかは、教育方向という可能性もあるのに、
    すべて「エンターテイメントじゃなくてはいけない」というような誤解があって、エンターテイメント至上主義となっていて、知能の限界を感じる業界だ。
    漫画だけじゃなく、世間全般でもエンターテイメント以外は駄作と思ってる人々が沢山いるのが、
    少々、教育的方向の作品が好きな筆者としては、哀しい現実ではある。

    筆者には、エンターテイメントは教育というベクトルから見ると、酒やタバコや危険なドラッグに見える。
    どんどん、現実逃避して、思考がおかしくなっていく嗜好品だ。
    「いやいや、エンターテイメントは、生きるのに素晴らしい指針をあたえてくれるものがあるんだよ。」
    と反論する人もいるだろう。しかし、そうは思えない。

    エンターテイメントの中における、テーマらしきものは、欲望を満喫するだけでは、
    良心の呵責が作用して後ろめたい気持を払拭させてくれる大義名分でしかないからだ。

    そして、作り手も言い訳のテーマ(大義名分)でしかないものを本気で信じて「コレが訴えたいものだ」などと、
    公言しながら、実質は幼女誘拐いたぶりスカトロエロ&大量殺人破壊闘争欲求を満たす作品を興奮しながら作っている。
    正義の名のもとに溢れんばかりの現実逃避欲望大開放である。

    見ている人も一緒に気付かず、よく膨大開放をしながら、正義の美酒に酔えるので大ヒットだ。
    自覚的に作品を作る人もいる。
    「この作品はこういう欲望を満喫させますよ」と提示してエンターテイメントしている作品だ。

    しかし、自覚的な作品はあまり大ヒットしない。
    なぜなら、見ていてどこか気が引けるからだ。
    やはり、欲望を気付かせない美談のほうが気持いい。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150513-00010002-mediagong-ent
    ※続く

    【【江川達也】<宮崎アニメは犯罪者の心をくすぐる?>教育という視点からはエンターテイメントは売れる程「だめな作品」になる】の続きを読む

    このページのトップヘ